1位:HOME'S 引越し見積もり 2位:引越し達人セレクト 3位:比較.com 4位:引越し価格ガイド 5位:アクティブ

 

引越業者ランキング

 

引越業者によってサービス内容も引越費用も千差万別。自分の状況や予算にあった引越業者をさがしましょう!

 
HOME'S 引越し見積もり

HOME'S 引越し見積もり

HOME'Sの一括見積もりは無料、しかも最大50%割引で引越しをすることができます。参加業者も100社以上なので、大手引っ越し業者から、地域に根差した業者まで、安さやサービスを比較しながら選ぶことができます。

http://hikkoshi.homes.co.jp/

引越し達人セレクト

条件検索で、予算などの希望ぴったりの引越し業者をセレクトしているサイトです。大手で信頼が置ける引越し業者だけを厳選しているから、安心で納得価格。カンタン無料一括見積もりができます。

http://www.hikkoshi-tatsujin.com/

比較.com

引越しタイプ(単身か家族でか)を選び、今現在&引越し先の都道府県&市町村を選ぶだけ。
あとは「見積もりスタート」ボタンを押しましょう。これで、24時間いつでも見積もり可能です。

http://www.hikaku.com/moving/

引越し価格ガイド

現在住んでいる場所の郵便番号・引越し先の住所・引越し内容を入力し、「見積りを依頼する」をクリックするだけでオッケー。約2日以内で、業者からの見積もりが届きますよ。

http://a-hikkoshi.com/

アクティブ感動引越センター

コンテンツごとに分かれていて、とっても見やすいんです。「お引越しプラン」では、単身パックから事務所移転まで、あらゆる引越しプランに対応します。

http://www.kandou.jp/

引越し一括コム  

たった数分で入力するだけで、大手&中堅引越し業者から、貴方の条件にあった引越し業者を無料で見積もりします。大手8社から見積もりが届き、費用や内容を比較することが出来ますよ。

http://hikkoshi.1kkatu.com/

ズバット引越し

見積もりは、なんと90社以上の業者から8社を厳選。現在の郵便番号と、引越し先の都道府県、引越しする人数を入力して「一括見積もりスタート」ボタンを押すだけ。

http://hikkoshi.zubat.net/

THE 引越し見積もり人

基本情報入力サイトが出ます。現在&引越し先の住所と間取り、引越しする階、エレベーターの有無などを入力します。入力情報から引越し業者を厳選してくれます。

http://www.funmoving.com/

引越しネット

引利用者実績は、ついに50万人突破しました。業界ナンバーワンクラスの実績と好評です。
引越しネットの大きな特徴は、見積もり依頼が二つあること。

http://www.ohikkoshi.net/

引越し比較.com

引越し業者登録数は、なんと90社。その中から、貴方の条件にあった業者が選べます。

http://www.hikkoshihikaku.com/

引越コンシェルジュ

東京電力が運営しているサイト 引越しコンシェルジュです。名前の通り、本当に、貴方のコンシェルジュになってくれるサイトなんです。

http://www.tepore.com/hikkoshi/


引越しメモ 〜新居購入時編〜

住宅購入の手続きが全て済むと、次はお引越しです。引越しの上手な方法を考えましょう。

見積もり
引越しの見積もりは、数社の業者に依頼しましょう。引越しの見積もりは、無料です。複数の見積りをとった上で、価格など比較して決定するといいでしょう。電話での対応や見積もりに来た人の応対も、業者を決定する重要な要素になります。

引越しの日を決める
平日よりも休日の方が、もちろん引越しの料金は高くなります。また、3月下旬から4月上旬のような入学・入社のシーズンも、料金が高くなります。休日や引越しシーズンを避けて引越しすれば、料金を抑えることも可能です。また、早めに引越しの日を決めておけば、引越しの準備に余裕ができるでしょう。

不用品は処分
不用品がある場合は、できる限り処分しておくことが大事です。引越し後、片付けが楽になり、収納に余裕ができます。また、荷物の運搬や搬入がスムーズになって料金も安くなります。

荷造り・荷解き
荷造りや荷解きを全部お任せできるサービスもありますが、自分ですると安くなります。

家具の配置は決めておく
間取り図が既に手元にあるのですから、家具をどこに置くか、配置を引越しの前に決定しておきましょう。搬入が楽になります。

近所に挨拶しておく
できれば引越しの前に、ご近所の方々に挨拶しておきましょう。マンションの場合は、部屋の上下階の方にも忘れずに挨拶をしましょう。500円くらいの日用品などを用意しましょう。

住所変更の通知を
引越しの前に、郵便や新聞、宅配便の業者に転居届を出しておきましょう。電気・ガス・水道や電話の手続きも、忘れずに済ませましょう。

オプションサービス
業者によりますが、荷物を出し終えた後の掃除や、家具の移動などのオプションサービスがある場合があります。どのようなサービスを受けたいのかを考えて、業者を決定する目安として下さい。

住宅購入には、引越しの料金も含めて、資金に余裕を持ち計画を立てていって下さい。


引っ越しに関する情報

※ ランキングの順位決定は、当サイトの独自基準によるものです。決定基準については非公開とさせていただいています 。

6位 引越し一括コム|7位 ズバット引越し|8位 THE 引越し見積もり人|9位 引越しネット|10位 引越し比較.com

引っ越し業者リンク
ダック引越しセンター

リンクお問い合わせプライバシーポリシー


Copyright(c) 2016 ARROW 引越業者ランキング All Right Reserved.

お引越しのお見積りなら引越ランキングもおすすめします。